思い出に残るアイテム作り

クラスTシャツ

体育祭や文化祭は学生時代の中では大きなイベントの一つですよね。クラスで競い合ったり、赤や白と別れて競い合ったりと学校ごとに形はかわるものの、中にはクラスの出し物があったという人も多いと思います。

 

 私もクラスの出し物がありましたが、確か皆でCMのパロディをした記憶があります。同じ衣装を着て踊りましたが、練習や衣装合わせや、当日の事など楽しく思い出します。その思い出のひとつのアイテムとしてお揃いのTシャツを作る人も多いのではないでしょうか。

 

 いくらか予算がある場合は、予算に合わせたアイテムをそろえると思います。お揃いのTシャツはちょっと高い気もしますが、安いTシャツであれば、意外と予算内に収まります。また文化祭や体育祭など、クラスTシャツは割引対象となるショップも多いです。「高そう」と諦めてしまう前に、一度見積もりをとってみる事をお勧めします。折角の学生時代の大きなイベントですから、より思い出に残るイベントにしたいですね。

 

お得に注文しよう!

最大70%割引

 

こんな文字が目に入ったら迷わず利用しますよね。オリジナルTシャツ作成の際には枚数が多くなると大口注文といった割引が適用される場合があります。100枚から割引対象となるのに、90枚で頼むのはもったいないです。10枚余分に注文することにはなりますが、予備としてもつかえますし、お得になるなら是非利用しましょう。

 

 こういった割引は他にも学生割引といった特殊な割引サービスをしている店舗もあります。これは注文するクラスが増えるごとに割引をしてくれるサービスですが、クラスの人数は30〜40人で他のクラスと合わせれば多くなるかもしれませんが、デザインは一緒というわけにいきません。デザインが別ですと、当然大口割引にはなりませんが、こちらの学生割引ならば、クラスが増えると割引なので、デザインが違っていても割引対象となります。他にも割引サービスがないか注文のまえに調べてみるといいですね。

 

Tシャツ学割

こちらはラスティーズさんの学割をレビューしているサイトです。学生の方はチェックしてみてください。

 

デザインを決めるなら

デザインを決めるのもオリジナルTシャツ作りにはかかせません。実はここが大変でもありますが、一番楽しいところでもありますね。クラスTシャツであればデザインの得意な人が率先してやってくれそうですが、やっぱり最後は皆で決めたいですよね。ある程度の案を出して、その中からどのTシャツがいいか決めるといいかもしれませんね。

 

 デザインもさることならが、プリントするアイテムの色も重要です。デザインの色を決めてからアイテムの色を決めてもいいですし、反対でももちろんかまいません。アイテムとはTシャツやポロシャツ等、プリントする素材になりますが、この素材のいろによってデザインの受けるイメージが大きくかわってきます。目立たせたいなら反対色を使うと効果的ですし、さりげなくしたいなら同系色にするといいかもしれません。何パターンか色の配色を変えたデザインを見比べて決めるといいと思います。

更新履歴